骨粗鬆症の地域連携について

先日、雑誌「地域包括新時代」(主に医療機関向けの雑誌です)の取材を、大原綜合病院 佐藤勝彦院長、みずの内科クリニック 水野兼志院長、および大原病院骨粗鬆症リエゾンサービスチームの長南様、菅野様とともに受けました。

福島市の骨粗鬆症検診の最近の変更点や、大原綜合病院が現在取り組んでいる骨粗鬆症リエゾンサービス、福島地域の医療機関が連携しての骨粗鬆症治療への取り組みなどについて記載されています。

記事の中で大原綜合病院が提唱している、”骨々YAM80(コツコツヤムエイティ)運動”(80歳でYAM値80%以上を目標にする)の記載がありました。 なかなかに高い目標ではありますが、骨折を防ぎたい!という目的のためには必要な数値なのですね。

福島地域の皆様の骨粗鬆症を防ぐ取り組みを、当院もしっかり続けて参ります。


当院では全身用骨密度測定装置 GEヘルスケア社製 Chorale を設置し、骨折が発生しやすい腰椎部、大腿骨部の骨密度を直接測定することにより骨粗しょう症の診断及び治療に役立てています。 他の医療機関で骨粗鬆症治療を受けている方でも、正しい骨密度を測定し、評価することで今後の治療に役立てることもできます。お気軽にご相談ください。

地域包括新時代No.15/連携・福島
.pdf
Download PDF • 1.07MB

最新記事

すべて表示

年末年始休診のお知らせ

12月30日 (木)〜1月3日 (月)までお休みさせていただきます。 12月29日(水)は午前のみの診察となります。 1月4日(火)より通常通り診察します。

体外衝撃波治療器(MASTERPULS ONE)を導入しました

体外衝撃波治療とは、衝撃波を患部に照射することで痛みを和らげ、組織の修復を促す治療法です。 欧米では低侵襲ながら有効な治療法としてスポーツ選手を中心に、整形外科領域の腱付着部障害や骨性疾患において使用されています。 体外衝撃波治療による治療効果 四肢および体幹の関節痛、筋肉痛、筋腱痛などに幅広く用いられます。 【除痛作用(神経に対する効果)】 ・疼痛を誘発している自由神経終末の活動を抑える。 ・

日医かかりつけ医に認定されました

当院院長はこの度、福島県医師会より、日医かかりつけ医機能研修制度の「かかりつけ医」に認定されました。 日本医師会では、かかりつけ医を 「なんでも相談できる上、最新の医療情報を熟知して、必要な時には専門医、専門医療機関を紹介でき、身近で頼りになる地域医療、保健、福祉を担う総合的な能力を有する医師」 と位置づけています。 日本医師会は、かかりつけ医としての能力を維持・向上するための研修制度を設けており