• きたむら整形外科クリニック

運動器検診について

発育期の子どもの運動器の異常を早く見つけ 治療につなげる大事な検診です


小学校から高校までの子どもがいるご家庭では、進級と共に「運動器検診」の保健調査票が配布されると思います。運動器とは、骨や関節、筋肉、さらにはじん帯や腱(けん)、神経など、体を支えたり動かしたりする器官の総称で、運動器検診は、子どもの運動器に関係したケガや障害・故障の早期発見を目指すためのものです。

学校健診での運動器に関するチェックの対象は、従来、側弯症だけでしたが、2016年度からは、腰や四肢の状態もチェックする運動器検診が実施されるようになりました。

その背景には、スポーツで肘や膝を傷める、オーバーユースによる障害の増加や、反対に、携帯ゲームやスマホの普及などにより、運動不足や姿勢不良による運動器の機能不全の増加などがあります。

運動器検診は、・脊柱及び胸部の形態の異常を確認し ・腰を曲げたり反らしたりして運動時の痛みがあるか ・肩や肘、膝関節に動きの悪いところや痛みがないか ・片脚立ちが5秒以上できるか ・しゃがみ込みができるか を確認します。

保護者の方は、新年度に学校から配布される保健調査票の中にある運動器に関する調査票にしっかり記入していただくことをお願いします。 また、学校から専門医の受診を勧める書類をもらったら、必ず整形外科専門医を受診してください。

子どもの疾患を早期に発見し早期に治療を開始することは、発育期の子どもにとって大変重要です。


最新記事

すべて表示

体外衝撃波治療とは、衝撃波を患部に照射することで痛みを和らげ、組織の修復を促す治療法です。 欧米では低侵襲ながら有効な治療法としてスポーツ選手を中心に、整形外科領域の腱付着部障害や骨性疾患において使用されています。 体外衝撃波治療による治療効果 四肢および体幹の関節痛、筋肉痛、筋腱痛などに幅広く用いられます。 【除痛作用(神経に対する効果)】 ・疼痛を誘発している自由神経終末の活動を抑える。 ・

当院院長はこの度、福島県医師会より、日医かかりつけ医機能研修制度の「かかりつけ医」に認定されました。 日本医師会では、かかりつけ医を 「なんでも相談できる上、最新の医療情報を熟知して、必要な時には専門医、専門医療機関を紹介でき、身近で頼りになる地域医療、保健、福祉を担う総合的な能力を有する医師」 と位置づけています。 日本医師会は、かかりつけ医としての能力を維持・向上するための研修制度を設けており