• きたむら整形外科クリニック

今年度の骨粗しょう症検診について

骨粗しょう症検診を6月1日より10月31日まで受け付けております。


当院での骨粗しょう症検診は、骨折が発生しやすい大腿骨と腰椎の骨密度を直接測定するDEXA法を用いて正確に測定を行い、今後の治療の必要性を判断しております。

40歳~70歳の女性で年度内に5歳節目の年齢(40,45,50・・・)になる方で福島市から受診券が届いており、骨粗しょう症の治療を行なっていないかたが対象です。


受診券と自己負担金1000円をご用意いただき受診ください。


最新記事

すべて表示

7月16日(土) 当院院長の日本臨床整形外科学会総会出席のため休診とさせていただきます。 ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承のほどお願いいたします。

発育期の子どもの運動器の異常を早く見つけ 治療につなげる大事な検診です 小学校から高校までの子どもがいるご家庭では、進級と共に「運動器検診」の保健調査票が配布されると思います。運動器とは、骨や関節、筋肉、さらにはじん帯や腱(けん)、神経など、体を支えたり動かしたりする器官の総称で、運動器検診は、子どもの運動器に関係したケガや障害・故障の早期発見を目指すためのものです。 学校健診での運動器に関するチ

体外衝撃波治療とは、衝撃波を患部に照射することで痛みを和らげ、組織の修復を促す治療法です。 欧米では低侵襲ながら有効な治療法としてスポーツ選手を中心に、整形外科領域の腱付着部障害や骨性疾患において使用されています。 体外衝撃波治療による治療効果 四肢および体幹の関節痛、筋肉痛、筋腱痛などに幅広く用いられます。 【除痛作用(神経に対する効果)】 ・疼痛を誘発している自由神経終末の活動を抑える。 ・